読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコンのカメラでスナップ写真

一眼レフ(D5500)ミラーレス(Nikon1V2)街歩き写真ブログと気ままな日常ブログ

K&F Concept® KF-TM2324にベルボン3Way雲台PHD-55Qを装着

K&F Concept® KF-TM2324という三脚を使用しているのですが、

自由雲台なので、時々ベルボンシェルパ535Ⅱについていた

3Way雲台PHD-55Qを装着しています。

 

nikon1j2dejicame.hatenablog.com

 

 

3Way雲台はじっくり構図を作りたいとき、

自由雲台はアングルを固定せずテンポよく撮影したいとき、、、

とはいうものの、どういうときかな?なんて思いつつ使用しています。

 

特に、私の場合はNikon1からカメラ人生が始まったので、

写真撮影だけでなく、動画撮影もよく行います。

 

そのためじっくり構図を作りたい、、、というだけでなく

動画撮影の場合は3Way雲台の方が、実は映像がスムーズに撮影できます。

 

K&F Concept® KF-TM2324は雲大部分が

ベルボン3Way雲台PHD-55Qも装着できたので

お遊戯会などは3Way雲台で撮影します。

f:id:Nikon1J2dejicame:20170209104241j:plain

 

 

なにがいいって、レバーが二つあるので、

三脚を畳んで一脚のようにしても、二つのレバーをしっかり握れば

ブレもなく撮影が可能です。

 

レバーを操作して、カメラの向きを変えることもあれば

一脚のようにして、ダイナミックにカメラを振るという感じでしょうか。

 

もちろん、写真撮影のようなカメラのぶん回し方の場合は

自由雲台の方が撮影しやすいです。

ただし、その分、カメラ自体をもってぶん回すことになるので

ブレやすいんです。

ですので、動画撮影の場合は、カメラ本体をもたずに

二つのレバーで操作することにより、ブレの軽減と操作性を両立します。

 

AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRをD5500やNikon1に装着すると

自由雲台だと頭が重くて下がったりしちゃうんですよね。

カメラを持ってぶん回すからいいんでしょうが、

動画の場合はやっぱり3Wayでがっちり固定された方が楽。

 

 

K&F Concept® KF-TM2324にベルボン3Way雲台PHD-55Qを装着した場合の

難点といえば、収納時にこのように雲台が飛び出てしまうことでしょう。

f:id:Nikon1J2dejicame:20170209110240j:plain

 

 

K&F Concept® KF-TM2324は購入時に2種類のケースがついてきます。

1つはしっかりしたケース、もう1つはビニールのような薄いカバーです。

 

K&F Concept® KF-TM2324はもともと自由雲台のためケースもその作りになっています。

 

ベルボン3Way雲台PHD-55Qを装着した場合は、薄いカバーのケースにしか入りません。

それでも雲台がとびでる。

 

こればかりはしかたないことですが、

リュックにくくりつけたりするときには気にならないかな。